最新

おおいわのこめんと (2005-06)


2005-06-01

[Work] IPSJ PRO 2005-1

大学から移っても人の繋がりは大事にしておかないとね……、というわけで 研究会に。御茶ノ水の化学会館は初めて行った。 研究所から歩いても行けそうだねぇ……。

久々にまつもとゆきひろさんをお見掛けした。 実は PPL 招待講演の時以来だったりするのかな?


2005-06-02

[Comp] GCC-3.3

どうも先日から某チャット用biffツールである Xitalkbiff が正常に動作していなかったので、おっかしいなぁ、と思っていたところ、デバッグ情報がチャットサーバのほうに垂れ流しになっていたらしい (x_x)。我ながら大迷惑。

内輪作成の TCP/IP デバッグツール server/connect でダミーサーバを作って試してみると、 確かに第1接続先にデバッグ情報が出力されている。 この状態で /proc/PID/fd を覗いてみても、0〜2がターミナルで、 3〜5がソケット、と平常通り。 その出力された文字列を strace の出力結果から grep すると、 確かに fd=4 に向かってログメッセージを吐いている。 デバッグ出力は vfprintf(stderr, ...) 使ってるのになぜ……。

つまらないデバッグ記録はこちら ...

2005-06-04

[Misc] 雷こわい

今日も今日とてゴロゴロゴロゴロ……。

[サージフィルタの写真]半月ほど前に誘導雷でマシンのNICを壊されているので、 雷が収まるのを待って*1配線をやり直した。UPS内蔵の RJ-45 用サージフィルタを通すだけなので、予め部屋に転がっている別の Ether ケーブルで 配線を準備しておいて、通信の切れ間に一気に切り替え。作業10分、回線断は15秒程度。

とっととやっておくべきだったねぇ。

[Comp] NetBurst アーキテクチャ

Applauseさんの日記経由で Prescott: The Last of the Mohicans? (Xbit)。 なんか面白そう……。とりあえず読んでみますか。

……(4:11) 読了。第3部がまだ無いがなかなか面白い。 問題自体はなかなか厄介っぽいなぁ。 なんかぱっと見たところでは、replay line と scheduler の合流点の 設計辺りに欠陥があるような気がするのだが……。

あと、live lock 辺りはちゃんと理解しないといけないなぁ。 著者の推測が正しければ、dead lock に近い状況に落ち込んで、 何らかの「非常手段」で脱出しているケースがあるようだ、とのことなのだが、 本当かなぁ。

*1 そりゃね、万が一線を持っている瞬間に 誘導雷食らったらたまりませんから。(^^;


2005-06-06

[Misc] お天気

うちは未だに woody なので、古い (GTK1) の Mozilla Suite を使っていて、 RSS リーダがないので Bloglines を使っている……まで前置き。

で、Bloglines に最近導入された機能として "Weather" があるのだが、 これの英語が英語で生活したことがない自分には結構新鮮。 って英語圏の生活経験がある人にはごく普通なんだろうけどねぇ。

とりあえず今週の予報を、天気のいい順に並べてみると、

  • Sunny
  • More Sun Than Clouds
    • More Sun Than Clouds, Sprinkles Early.
  • Partly Cloudy
  • Mostly Cloudy. Rain.
  • Mostly Cloudy. Numerous Showers.

という感じ。Numerous って表現するのかー、みたいな。 この間はもっと激しい予報があったんだけど、なんだったかな、もう忘れた(苦笑)。

追記 (6/12)

来週の天気表現 (よい順にソート)。

  • Sunny.
  • Partly Cloudy.
  • Haze.
  • Afternoon Clouds. Light Rain Late.
  • Mostly Cloudy. Flash Floods.

Floods って...。

追記 (6/13)

こんどは "Tons of Rain." とか来たんですが(笑)。


2005-06-07

[Misc] SPAM避け?

CTAN のアナウンスメール。 5秒くらい狐につままれて訳がわからなかった。

嫌な世の中になったねぇ。


2005-06-08

[Caml] Regexp/OCaml & Str library

ふと思い立って*1、ここのところ忙しくて プログラムをあまり書けなかったことのリハビリをかねて、 前から懸案だったRegexp/OCaml の複数バックエンド対応を 書いてみた。 結構手間かかったなぁ。

しかし、Str のマルチスレッド対応はどうなることやら。 この話もそれっきりだし、 2年前に投げた feature wish も店晒しだしなぁ……。

ちなみに、もう1つのコンビネータの方は、ひょっとしたら ML Workshop に投げられないかなぁと妄想していたのだが、 どうにも技術的にまとまらないので諦め気味。 我ながらちょっと面白いツールだとは思うし、ちょっと面白い設計だとも思うし、 ちょっと面白い実装だとも思うんだけど、どれも1つだけだとちょっとだけで ショボいんだよねぇ……。 時間が足りないというのも大きいのだが。

*1 嘘つけ :P


2005-06-09

[Work] みーてぃんぐ

最近流行りの暗号技術について勉強。面白かった。

やっぱり1つのテーマで違う分野の人が一緒に仕事しているというのは いろいろと面白いですね。

[Misc] 写真整理

鞄の中に放置してあったデジカメから、未整理・未掲載の写真を取り出してみた。

マクドナルド秋葉原店跡地

[マクド]5/15 時点の写真。今はというと、 この後ものの数日で更地になってしまいました。

駅前広場

[駅前広場]駅前広場で毎日のように 民族音楽が演奏されていて、ごく一部に(笑)迷惑がられていたようなのですが、5/30 にはこんな立て看板が立ってしまいましたとさ。

新秋葉原ビル

[新秋葉原ビル]駅前の飲食ビルのとなりににょきにょきと現れた第2の中層ビル。何が入るのかと興味津々だったところ、数日前1階にに突然献血コーナーが。僕は検査で数ml抜いても気分が悪くなる人(結構いるらしいね)なので、縁がないなぁと思っていたところ、今日2Fテナントが明らかに。っていうか大量のアレゲなポスターが……。

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

  _, ._
(;゜Д゜)*1

……まじですか? ……まじのようですね……。

3階から10階は何が入るんだろうねぇ……。せっかく近いんだし使えるテナントが入ってくれると嬉しいんだけど、結局1F〜10Fまで全部縁のないテナントになったりしそうな予感。

*1 AA使ってみたかっただけ(ぉぃ


2005-06-14

[Misc] デジタルカメラな1日

今日は朝の出勤時間に余裕があったので、 久々に、あちこちで写真を撮りまくってみた。 その延長で、なんか今日は1日カメラな日になりました。

秋葉原駅

[駅ターミナル予定地] [駅ターミナル予定地] 順調に工事中……。 なのだが、今日よくよく気が付いてみると、新改札付近の 駅前バスターミナルへは、北行きの方向からしか入れない構造になっている…。 ここに入ってきたバスは、どうやって元の道に戻っていくのだろう……。

[剥がれた改札案内]で、中央改札口の開業まで恐らく2ヶ月、 そろそろあちこちに「中央改札口」の文字が見えてきました……。っておい。

あと、北側の新改札口は構想的には無くなっていそうなのだが、 案内表記には微妙な空白があるのが気になりますなぁ。 左の2枚の矢印部分を見比べてくれっす。

この部分、 プロアトラスSVサンプル地図のうちの 1:5000市街図サンプルを 見ると、計画段階の謎の跨線橋が描いてあるんですが、どうしちゃったんでしょうねぇ。 現状の歩道橋の設計をみると、どう見ても線路を渡らなさそうです。 個人的に、駅の北側でヨドバシカメラの方に線路を潜れると便利そうだなー、と思っていて、 ダイビル側からだとなんか片付けをしている気配に見えたんで、 ちょっと淡い期待をしていたんですが、ヨドバシ側から見ると とても潜れる高さはなさそうですね。残念。

秋葉原野村ビル

[野村ビル] [野村ビルテナント] 完成しました。1Fには元通りのテナントが入ったのかな?

マシン

[野村ビル] 同期入所のYさんのマシンが届きました。 WWDCに期待していたりんごマークの新マシンは出なさそうなので、 結局ふつーのマック+シネマディスプレーになったようです。 横からの満面の笑みのすばらしい写真が撮れたのですが、 「プライバシーの侵害だ」と怒られそうなので、 後ろ姿にしておきます(笑)。 しかし 23in. シネマディスプレーはやっぱりでかいなぁ。 ちなみにこの写真に写っているマシンは旧マシンですね。

追記 (6/15)

[本人近影][検収(うそつけ)]Y氏本人の許可がでたので追加掲載(笑)。


取材

[撮影準備中] 既にご覧になった方も多いと思いますが、うちの隣の席の先輩に TV取材が来ました。騒音を立てないように静かに仕事してました。 隅っこに写らないかなー、と思ってましたが、映りませんでしたねぇ。

駅前広場

[駅前広場] ダイビル側の駅前広場にはだいぶ前に「目的外使用禁止」の札が立ってしまったと、 6/9 に書いたわけですが、今日帰りに通りがかったら そんなことは気にせずに演奏してました(笑)。意味無し。

しかし、この写真と↑の写真、手ぶれてますなぁ。 どうもうまくいかないのは修行不足でしょうか。

クレーン

[クレーン] で、地元に帰ってきて、これまでせいぜい7階までだった駅前通りに 突如立ち上がった14階くらいのビルの建築現場を見上げたのですが、 よく見ると下からずーーっと続く梯子と、上の方の連結部に 足場、そしてそこから登る梯子が見えますねぇ。

やっぱりこれって上の足場からよじ登っていくのかなぁ。怖いー。


2005-06-16

[Security] SSL雑誌記事執筆

UNIX USER の今月号に、SSLの基礎、特にオレオレ証明書の危険性について、9pほど執筆しました。 これから「となりの席の先輩」がじっくりと読まれるそうで、……あとが怖いなぁ(笑)。

ちなみに、自分の担当した概説部分は Part 1 で、その他に Part 2 が商用CAの説明、 Part 3 が CACert の説明だったりします。この部分は別著者ね。 で、Part 3 の都合を無視して Part 1 でキッツイこと書きまくったわけですが、 いいんですかね(笑)。ちなみに今回は最終的な校了段階まで、他の人の執筆部分は読んでいません。

7月7日、超重要な追記あり……orz

CACert に関しては、あくまで個人的なセキュリティ感覚として、 CA Policy とか運営母体とかCAマスター鍵の保安度とかがまだまだはっきりしないんで、現段階で 自分のブラウザにルート鍵を組み込んで自分のWebブラウジングの安全性を (少なくとも Verisign/RSA や Entrust と同様の意味で) 任せる気にはなれません。まぁ一般に「無料の」CAと称するものの中では、 よくやっている方だとは思いますが、信用を得るという点で www.cacert.org のサイトやるきないもんねぇ。 そして、そういう意味から、自分が導入できないと判断しているものを 他人に導入を勧めることはできないので、www.oiwa.jp に導入する気もありません。 これに関しては、「CACert の鍵を既に導入している人にだけでも 確認可能な鍵を使う方がいいのかなぁ」、と悩んだこともありますが、現時点での結論は以上の通り。 もちろん、個人の判断で読者のみなさまが CACert の公開鍵を入れたり、 CACert から鍵を発行してもらうのは止めませんが、Part 1 を読んで(笑) リスクを自己責任で判断してくださいね。 正直、Verisign しか無かった頃は Inexpensive alternative の必要性を 感じていましたが、個人でも年1万円以下で買えるようになった現状では、 「有料じゃなきゃできないリスクマネージメントもあるよ」、という気もします。 特に Verisign 辺りは同一性確認をかなり慎重にやっているようですから、 それを見ちゃうと場合によっては安価な有料CAですら不安だったりします。

しかし、正直 Part 3 は不満だなぁ。というのは、 CACert の是非とは別にしても、ルート証明書の取得の部分、 あれじゃなりすまし防止という意味でもま〜ったく意味がないです。 平文の同じサイトからダウンロードした PGP 鍵で検証するほど、 馬鹿馬鹿しいものはないです。な〜んにも検証しないで「安全じゃないです」って 言ってるのとどっちがマシなんだかねぇ。不安の連鎖ではどこまで辿っても 安心できないというのは鉄則でありまして、実は Part 1 のコラムでの www.oiwa.jp での SSL + PGP の併用による安全性担保手法に関する主張が 慎重な*1 理由でもあるわけです。

で、何故不満かというと、折角紙媒体で、 そこそこ以上の規模の出版社が編集する雑誌に掲載するんだから、 本気でCACertを勧めるなら、安全性にいくらでも貢献する手段があるからなのです。

例えば、CACert の board member に連絡を取って、直接 PGP の鍵を入手して、 「安全に取得した」公開鍵の fingerprint を雑誌に掲載できれば*2、 1つの「確実で物理的な認証手段」として、不信頼の無限連鎖を絶つことが できるのです。できれば出版社の名義と責任で かっちりとやってしまうのも1つの手でしょう。結局今度は 「その記述が正しいこと」を読者が信用しなきゃいけないですからね。 今回の記事にも fingerprint が載っていますが、あれは信頼できない手段で 入手しているようなので、役に立ちません。

あるいは、同様に入手した「信頼できる」PGP鍵をCD-ROMに入れてしまう(でもって、 信頼できる根拠をちゃんと記事で示す)とかもいいでしょう。 さすがにCA証明書本体だと格好のオレオレ仕込場になってしまうので、 PGP 鍵だけにしておいて Web サイトも見に行かないといけないほうが、 extra safety measure かも知れないですね。この辺のバランス感覚はちょっと難しくて 悩み処かも。まぁ全部できるようにして読者に判断してもらう、 というのも読者が賢明ならアリですが。

これ、事前にわかっていれば著者間で連絡できて、改善できたかも知れないんで、 ちょっと残念です。雑誌によっては著者校正の段階で同一企画の別著者の原稿を読んで 若干の改善意見を流せることもあるようなんですけどね。

ちなみに先ほど、https://www.cacert.org/ に繋いでみましたが……… だめじゃん。もろにオレオレです。 まぁ、自分でCAやる以上自己署名は当たり前、と短絡的に考えがちですがね。 せめてここで Verisign とかからちゃんと買った鍵を使っておけば、 安全なルート鍵配送を実現できるのに、みすみす危険にさらしてどうする。

[Misc] ごみ

今日のでぢかめネタ。

[総武線ホーム]なんとなく面白かっただけ。ごみは嫌い。

[002222]OTPトークンでちょっと面白い数字が出たので撮ってみた。 当たり前だがとっくに無効なkeyなので悪しからず(何が悪しいんだ?)。 とっさにマクロ撮影の方法がわからなかったのでボケボケになってしまった。

誰か 000000 とか 777777 とかの写真もってないかな(笑)。

*1 コラム自体は、まぁ僕が執筆することになった きっかけでもあったので、省くわけにもいかなかったのです。

*2 実は安全な鍵配送の 手段の1つの実例 (半分ネタ) として、どさくさ紛れに自分のPGP鍵fingerprintも載せちゃおうかと 思ったのですが、さすがに却下されました(笑)。 既にページ数かなりオーバーして迷惑かけてましたから、まぁ当然ですね (^^;。 原稿ではコラムの図に「この記事 :-)」とかいう項目がありました。

本日のツッコミ(全1件) [メッセージを送る]

おおたき [おおお、すごい! 前に12345とかでた時の感動を思い出しました。 ]


2005-06-17

[Music] バトンが回ってきたぞ

なんか変なトラックバック(トラックバック先をつけ変えました)が来たぞ……。ってまぁ 彼の日記を読んだ時点で予想してましたが。

というわけで、次へ回すのは難問なので、その他の4つだけサクッと書いてしまいますか。

コンピュータに入ってる音楽ファイルの総容量

古きよき du さんによりますと、

[yutaka@bluereef] (3) ~>du -s data/mp3
5837056 data/mp3

だそうでございます。単位はキロバイトね。

自作 Perl スクリプトで重複とかを除きつつメンテナンスしている全曲プレイリストを xmms さんに読み込ませますと、 1098曲、79時間24分25秒だそうで……。 アーティスト別の内訳リストはこちら

ちょうど今聞いている曲

現時点で最後に聞いた曲は Peter, Paul & Mary の If I Had a Hammer だった 気がします。今日朝出勤途中に聞こうと思ったら MP3 プレーヤの電池が切れたの(;_;。

その後は、同じく PPM の San Francisco Bay Blues を口ずさんで帰ってきまして、 食後、職場で支給された PHS の着信音が全員一緒で区別が付かないので、 なんか作曲して自分専用チャイムを作ろうかと思って久々に電子ピアノを掻き鳴らすうち、 弾く曲がそのうち 自作 → 平井堅「瞳をとじて」 → 加山雄三「旅人よ」 → 「母よ」→「別れの歌」 と どんどん古くなってきて、最後に「走れドンキー」に達したところで我にかえって、 更新チェックしたらトラックバックが来てた……。

というわけで、これも何かの縁だと思って加山雄三「走れドンキー」ということにしておきます。

ちなみに加山雄三は当然ながら親父の世代の曲で、幼少期に車の中でよくカセットテープで 聞いていた曲なので、なんとなく当時の「あの」カセットに入っていた曲だけをそのときの曲順で 記憶しています。上の4曲の他には「光進丸」「加山雄三通り」とか好きでしたねぇ。

以下次項に続く。

もっとも最近買った CD

というわけで、最近、親2人と僕の3人で3333円ずつ出して、 加山雄三 GOLD 100 加山雄三 GOLD 100 とか買ってしまいました。 100曲集を買って聞いてみて、上に書いた通り自分はごく一部の曲しか知らないんだと 再確認した次第。

で、これを買った後、ビックカメラの清算カウンター脇に、 コンプリート・オブ・栗林誠一郎&Barbier at the BEING studio コンプリート・オブ・栗林誠一郎&Barbier at the BEING studio が600円で処分されていたので、これは自腹購入。というわけで、 これが「最近買ったCD」です。 ZARD「君がいない」の原曲とか、DEEN「永遠をあずけてくれ」のカバーとかが入ってます。 600円出したお目当ては Remember Me のアカペラバージョンだったりするのですが。

よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

うーん、5曲に絞るのか……。

中学から高校の最初辺りまで吹奏楽やっていたので、 いろいろあって人間関係がうまくいかなくなって辞めた後でも、 吹奏楽曲への興味が抜けきらないですね。トラウマに触れかけるので危険なんですけど、 いい曲はやっぱりいい、という方がどうしても勝ってしまいます。

というわけで、挙げていきますか。

Rhapsody in Blue, An American in Paris (Gershwin)

いきなりガーシュウィンです。しかも反則でいきなり2曲1項目(笑)。

そういえば、中学1年で音楽部吹奏楽班に入って、 最初の仕事はたまたまその年出場していた吹奏楽コンクールの演奏でした。 入ったばかりなので本職修行中の Trombone ではなく、 永年人手不足の Percussion Part に駆り出されて Glockenspiel, Xylophone, Vibraphone, Stand Cymbal, Triangles と 忙しく「その他大勢」な打楽器演奏してました。 練習中、1小節全休符の後の曲想が変わる部分の入りの肝心なシンバルを 思いっ切りタイミングミスって、演奏止めてしまったのもいい思い出です。

で、この「Rhapsody in Blue」は、その年の秋の定期演奏会で、 最初に本職の Trb. を演奏したときの曲の1つです。 ちなみに、この時のピアノソロパートの奏者が、 研究室関係のみなさまにはよくご存じの 細谷さんでありました。当時高2。ピアノも結構やっていた自分としては 「あれくらいは弾きたいなぁ」と本気で思ったものですが、 今になっても実現できておりません。しくり。 あと、この手のあたらしげの曲ではトロンボーンパートは結構美味しいんですが、 RiB では特に1個所、ミュートの開閉効果を伴った3小節くらいのソロがあって、 当然そこを「吹いて」いたのは細谷さんと同期のパート長の先輩でしたが、 隣の席でミュートをラッパの前にかざして、「ぱ〜うゎ、ゎ、ぱ〜うゎ、わっわっ、 ぱぅゎゎ、わ、わ、うゎゎ〜〜〜〜ん……」と音色替えてたのが、 僕の仕事でした(笑)。

で、「巴里の亜米利加人」は、RiB の CD を買ったときの2曲目なんですが、 最近は RiB を越えるくらいこっちがお気に入りですね。あーいう愉快そうな曲を 作ってみたいねぇ。

The Planets (Holst)

で、次は惑星です。吹奏楽アレンジを Trb で演奏したときは火星でした。 いきなり低音バリバリで非常にオイシイのですが、 入ったばかりの僕は入門レベルの安い楽器を使っていたので、 最初の H*1 の音が手が届かなくて大変でした(笑)。 中級以上の楽器では大抵背中の後ろの部分についているF管バルブがないと、 伸長管が抜けるギリギリのところまで伸ばさないといけないんですよ。 小柄だった私にはとうてい無理です(笑)。もっとも、プロでも結構 届かない人はいて、紐を括っておいて放り投げるとかやってるとか……。本当かいな。

で、まぁこの曲はなんといっても木星が有名ですが、私はひねくれものなので、 火星、金星、水星、海王星とかいいですねぇ。 ほとんどの曲を MP3 で聞くようになって、CD をほとんど使わなくなったので、 今はCDプレーヤはもっぱら惑星専用です。

そういえば、先日の某楽団の演奏会で「スターウォーズのテーマ」(?) を初めて聞いたのですが、 あれって壮大にホルスト惑星のオマージュですね。 ホルストを全曲通して聞いたことがある人が聞くと、 あからさまにわかるように作っているとしか思えませんでした。 聞きながら笑いをこらえてました。あれは面白かった。

その他吹奏楽曲

吹奏楽曲を挙げていると、他の曲が挙げられなくなってしまうので、 さらにインデントレベルを下げて列挙しちゃいましょう。 作曲者名なんて覚えてないので、Nifty などで拾った MIDI のタイトル表記をそのまま使ってますので、 間違いがあるかも。

大草原の詩 (Rex Mitchell)
最初のコンクールの時の自由曲。Vibraphone が結構オイシかったかな。 この曲想好きなんですよ。
アルヴァマー序曲 (J.Barnes)
いかにも吹奏楽、って感じの曲想がたまらない。
中央アジアの草原にて (ボロディン)
曲タイトルとマッチする壮大な開放感がイイ!

こういう曲を聴いていると、なんか自分でも作ってみたくなりますねぇ。 はっきりいって才能ないけど。

「Wave Rush」「Best Day of Your Life」 (春畑道哉)

で、大学入ってから最近はインスト系にはまり始めてるんですよ。 春畑道哉は TUBE のギタリストで、TUBE の全作曲の他に Jリーグの「J's Theme」をはじめとしていろいろと楽曲提供もしてるんですが、 そんな春畑のソロアルバムから。Wave Rush はアルバム「Real Time」より、 春畑サウンドが完成された時期の名曲だと思います。 Best Day of Your Life は「Color of Life」より。TBSの世界陸上のテーマ曲だったかな。 Jのテーマの次に聞いて、最初にこのインストの世界にとりつかれたきっかけになった曲で、 携帯電話の着信音楽にアレンジして使ってます。 春畑だと他には

  • 「Epilogue〜Color of Life」「Straight to My Heart」(収録アルバム: Color of Life)
  • 「After Midnight」(Guitar Land)
  • 「Shooting Stars」「Mother Ship」「Crescent」(Moon)
  • 「Red Bird」(Red Bird)

辺りがいいですね……ああ絞り込めない。

「十年先のラブストーリー」「君となら」「Love Song」(TUBE)

げ、もう5項目ですか、TUBE に触れる場所がないじゃないですか……。

というわけで、おおいわとカラオケに行った人はよくご存じだと思いますが、 TUBE の、それも冬のバラードとかが大好きです。 1991年リリースのアルバム「湘南」から、「十年先のラブストーリー」 は、そんな中でもイチオシ。前田亘輝の歌い上げる切ないラブソング、いいですよ。 TUBE ファンクラブとかでも人気1位らしいですね。 「君となら」(納涼) は、結婚を前にした男の決意を歌い上げる名曲。 「Love Song」(Melodies and Memories) は、単純に恋の歌というよりは、 どちらかというと目標に向かう決意表明みたいにも見える詞ですね。

他は、

  • 「愛の詩」(OASIS)
  • 「夏よありがとう」(終わらない夏に)
  • 「サザンクロス」(Soul Surfin' Crew)
  • 「プロポーズ」(シングル / 夏景色)
  • 「女神たちよそっとおやすみ」(浪漫の夏)
  • 「Remember Me」(シングル / Remember Me)

辺りがいいですね。 「愛の詩」とか、自分が精神的に苦しんでいた時期にも何度か助けられました。

ちなみに、春畑とTUBEの曲は、TUBE ホームページ で全部試聴できます。特に春畑とか、曲によっては「おおいわがこんなエレキギターの曲聞いてたのか」 と思うかも知れないですが、一回聴いてみてくださいな。

しかし、書いててやっぱり音楽ってつくづく偉大だと思うんですよ。 人生を変える力をもっているというか、人を支える力をもっているというか。 この想いはとても書ききれないというか、僕の下手な文才では表現しきれないですね。

つぎの5人

うーん、どうしよう……。こういう無限連鎖的なのって、ノリが共有できる人の間ではいいけど、 そうじゃないと迷惑だと思うんで、あまり気が乗らないんですよねぇ……。

[Misc] 不揮発RAMディスク

日本ギガバイト、COMPUTEXで披露した新製品を解説』(PC Watch) を見て、 そういえば昔 (PC-9801VX21 を使っていた頃に) 家に似たような製品があったなぁと思って、 Google で探してみました。 多分これですね。 Cバスの拡張ボードに乗った 4MB の DRAM に、バッテリ内蔵の外部電源を供給することで 電源断・停電時(24h)のバックアップを行い、BIOS でハードディスクに見せかけることで MS-DOS が非常に高速に動くという代物でした。 640kB メモリ搭載のマシンに積むと、512kB〜640kB のメモリ空間への遅くなるという ペナルティーもありましたが、かなり便利で、相当使い込んでました。

基本的には当時となにもかわってないねぇ(笑)。

今座って日記書いている席から半径2m以内にあるので、今度引っ張り出して 写真掲載します :-)。

*1 野暮な解説ですが、この業界では大抵ドイツ音名使うので、 「(固定)ド」の1つ下の「シ」の事を「ハー」と呼びます。 ギターな人には英語音名の B と言った方がいいかな。 ドイツ音名だと B「べー」は B♭の事なんですよねぇ。

本日のツッコミ(全1件) [メッセージを送る]

TUBE大好き>< [死ぬほど好き!! ]


2005-06-19

[Misc] タイヤ騒動 @ F1 US Grandprix

レース始まる前に書いておかないと、後だしは簡単なので……。

なんか大変なことになっているようだが、基本的にはミシュランが悪い、というのが僕の意見。 最終コーナーにシケインとか、ただでタイヤ交換させろとか、最終コーナーに黄旗追越禁止とか、 それってこの状況をちゃんと把握して固〜いタイヤ持ってきたBS勢に対してあまりに不公平すぎ。

かといって、タイヤ変更を認めないってのもあまりに安全上問題があるし、 FIAの「予選タイヤを試そうと思わない程度にきついペナルティー」は妥当としても、 安全のための特例でちゃんと条件を事前に決めちゃうのはやるべきだったんじゃないのかな。 もともとF1に限らずレースドライバーというのは、安全のためにその場で減速しろと言われても できない人々だし、それはやむを得ないからね。

個人的には、

  • ミシュランが同一スペックとするタイヤ(ソフト→ソフト、ハード→ハード)への交換に限定
  • 内圧は再設定可能(これはしょうがない)
  • ピットスタート
  • 結果に 1分追加 or 1周減算 のペナルティー
  • FIAの技術部門が安全と認められない内圧設定のMIタイヤチームに対しては 以上のペナルティーを受けた上でのタイヤ交換か、早期ピットインでの 内圧調整を強制(無変更で出走した場合はオレンジボール提示)

位がいいんじゃないかと思うんですが。そもそも内圧だけで走れるのか、と言った情報を この期に及んでちゃんと開示しないMIも往生際が悪過ぎです。 低い内圧のせいじゃない、内圧を変えても危険だ、というなら、 ラルフのマシンがどれくらいの設定だったか位は公開してくれないと 説得力なさ過ぎ。(もちろん通常は極秘のデータですけどね。)

ともあれあと10分でスタートですね。(@2:48AM)

ていうか寝ろよ<をれ。

追記 (レース開始後)

結局6台レースかよ……。観客ブーイングも当然だよなぁ。 そもそも FIA は今回「ペナルティーは、 今後(ペナルティーがこの程度ならと計算して)予選専用タイヤを使おうと 画策する輩が現れない程度には厳しくなるが、 失格はない」ってかなり譲歩してたのにねぇ……。 まぁMI側の譲歩引き出す意味で、特例として厳しめだが確定したペナルティを 明示してもよかったんじゃないか、とは思う。

どうでもいいが、↑の1周減は少なかったかね。ホントに10周しか持たないとすると、 7回は交換が必要(そもそも本来は2本しかないけど)。で、 1回辺り30秒ロスと考えると、210秒くらい→2周半くらい。 だとすると2周減算くらいが妥当か。実際それでも5位は2周差付けられてるので、 出走すれば5位は十分狙えたことになる。

まぁもっとも慌てて持ち込んだタイヤでもダメだったって話は あるようだが……そうだとしたらなおさらどうしようもないよなぁ。 そうだとしたらMIとっとと消えてくれっすって感じ。 いくらF1がショービジネスだと言っても、僕が観客の立場だったとしても、 BSの正しい手段によるアドバンテージを 無にするようなことはレースとして許せないので、 シケイン追加とかの不公平な対策は僕の中で解に入っていない。

ていうか寝ろよ<をれ。


2005-06-20

[Misc] 週始め

というわけで、また1週間が始まってしまいました。 あー、結構忙しいかも。

追記 (25:23)

………というわけで、1日終了。 突発の用事も入ってかなり疲れた。緊張したなぁ。

って仕事溜めるのが悪いんだけどさー。


2005-06-21

[Misc] 夜間人口

うちの研究センターは(常勤は)全員裁量労働制なのだが、それでも 夜10時以降は労働基準法上の深夜勤務扱いになってしまうので、 原則としてみんな帰らなきゃいけないんですが、 最近だんだん「夜10時退室人口」が増えてきた気がする。 ちょっと前までは2人だったのに、今日は6人もいた。

[Misc] ダイビル生活のヨタ話

ところで、ダイビルの入り口は、夜8時になると警備員が現場操作しなくても 勝手に自動ドアが封鎖されることが判明。 というのに気が付いたのは、ちょうど8時に 大学から研究所に戻ってきたからなのだが、7時59分40秒くらいに建物に入って、 ふと気が付くと後ろで4人くらい、開かないドアの前に立ち往生していた。 無駄に現代的だよなぁ……。

後から考えると、警備室で操作していた可能性はあるか……。 警備員は「すいません、8時ちょうどで開かなくなるんでこちらからどうぞ」 とか言ってたから違うと思うけど。

あと、エレベーターで停止階ボタンをダブルクリックすると停止要求を取り消せる (こともある)というのはかなり有名なのだが、 ふと数日前に1人で乗っていて、「この自分が押した唯一の停止階を取り消すとどうなるんだろう……」と 思いたってしまった。弱気なことに、万が一変な動作されると怖いなと身の危険を感じたので 試さずに終わってしまったのだが、その日他の人にその話をしたところ、 既に試していたらしい(笑)。

...

……って1行だけ (トップ画面で) 隠してもしょうがないか :-)。

[Security] 現時点では謎の日記……

なんか面白いネタが注入されたんだけど、僕だけ仲間外れなの (;_;/ (激謎)


2005-06-23

[Security] (SecMemo) フィッシングに見えるサイト

若干 (主に後半部分が) 他人の褌のような気がして遠慮してたのだが、 最近忙しいみたいなんで勝手に書いちゃえっと。

セキュリティーホールmemo

》 Cisco Security Summit 〜自己防衛による安全なネットワークの実現〜 (cmarket.jp)。 フィッシングサイトかと思った。(以下略)

というエントリがあったのでつついてみた……。 ………。限りなくフィッシングサイトに見えますね。勿論こう書くくらいなんで本物らしいです。*1

WWWでページの見た目はいくらでもごまかせるんで、ページの出所を唯一示しうるといってもいい存在は、 URLのドメイン部分(+場合によってはパス名先頭の数要素)なわけですが、これはあまりにひどい。 これが例えば www.cmarket.cisco.co.jp になってれば、出所はっきりした情報になるのに。 「Yafoo 事件」があった直後にこれかよ。

時系列的に前後していますが、先日 高木氏と雑談していて話題になったのは、naist.jp (奈良先端科学技術大学院大学)。折角 www.aist-nara.ac.jp という貴重な ac ドメイン (類似ドメインを取るハードルは非常に高く、少なくとも学校系法人であることは保証される)があったのに、 雑然ごったとした汎用ドメイン空間にわざわざ移転してしまった。 これでははっきり言って東大関係者の勝手サイト用にと誰かが昔提唱してた www.u-tokyo.ac ドメイン *2 と「怪しさ」が変わらない じゃないですか。勿体ないなぁ。そんなに aist-nara の並びが嫌だったんだろうか。それにしても、 そのために安全性を犠牲にするというのはちょっとね。 高木氏は、「短い名前の方使うなら、長い名前の方に redirect してしまうのが いいよね」とのこと。確かに。

私の半径数m以内は……というと、まず東大は u-tokyo.jp、東京大学.jp は 押さえているが、 少なくとも当面の間使う予定はないそうで。正しいですね。東大.jp は 怪しいので、みんな騙されないようにね。 産総研も aist.jp は押さえてあって、DNS サーバまでは 設定されているが、全く使っていない。これも理想的。 登録日時を見る限り、どちらも英語の方は優先取得で押さえた模様。

ちなみに oiwa.jp は……、本当は地域ドメインの方が「本物」だったんですが、 「東京都某区のおおいわ」と限定することで個人同定の確度が上がる人はほとんどいないんで、 問題ないでしょう。

[Misc] ミーティング

やっぱり関連他分野の人の発表を聴くのは心湧きますが、 量子論はさっぱりわからないっす……。知恵熱出そう。 とりあえず紹介された(量子的でない)認証プロトコルでも ちゃんと読んで理解することにしますか。

ところで、↑の知恵熱って、某漫画ではこういう(↑)意味で使われていたのだが、 本来はどういう意味かなー……と(書いてから)調べてみると、

赤ちゃんが“知恵づく”生後半年から1年くらいに突然起こる発熱で、特にほかの重い症状を伴わないものを「知恵熱」と呼んでいました。

だそうで。こういう文脈での使い方ってのはあくまで譬えなんですね。 そもそも本来の知恵熱自体も科学的にはあまり意味はないようで、 単に親からもらった免疫の切れる時期になる軽い感染性の風邪、ということのようです。 いやー、やっぱりちゃんと調べてから書いたほうがいいね :-) 一つ学びました。

[Misc] 暑い

自宅の居室で常時マシン3台も回してるのも悪いのだが、暑くてしょうがない。 明日も最高温度29℃(予想)かよ……。死ぬる。

これで、昼間ジャケット省略できればいいんですが、 電車の中とか、空調効いた部屋の中とか、所々で上着がないと 夏風邪引くので、なかなか省略できないのが辛いですなぁ。 とりあえず、夜までひたすら暑いのか、夜から涼しくなるのか、予報に追加してくれないかなぁ。

ちなみに我が研究センターは、あまり空調効いておりません。 全く空調がないわけではない(8時を越すと冷房が切れるので徐々に室温が上がる) のですが、数字上は「23.5℃」設定になっているはずなのに、 空調機付近で常時26℃前後(つまり、コンピュータの置かれている居住空間では多分それ+1〜2℃くらい)を キープしております。結果としては省エネ目標温度の28℃付近に6月の時点でかなり接近しているのですが、 こんなので夏乗りきれるのか?  さらに今後大量にマシンとか人とか増えるのに、どうなるんだろう……とか、不安だらけ。 とりあえず現状で廊下の方が涼しいのですけど、そのうち扇風機導入か?

*1 但し、おおいわはこのサイトが本物であることについて、何の有形的無形的保証もいたしません。:-)

*2 と思ってこちらへ今繋いでみたら、民主党議員のページにリダイレクトされた…何故? これ、本人は何のつもりかしらんけど、本人の仕業だとするとひっじょーーに印象悪いっすね。こんな汚い手段で アクセス確保して、何が嬉しいんだか、議員としての倫理観を疑われるの全くわかってないんでしょうね。 一方で、他人の悪戯という可能性もありますが...、いずれにしろこのドメイン非常に怪しいっす。 ドメイン登録も極めて怪しいし……ていうか偽装ですな。
さっき Internet Archive で検索してみましたが、 結局 .AC の nic がそういうプッシュをしたけれど、最終的には誰も使わなかった、でいいのかな。


2005-06-24

[Comp] ICFP Programming Contest

今年も ICFP Programming Contest の時期がやってまいりました……が、 今年は時間的にも体力的にもとても参加できそうにありませんね……。

まぁとりあえず問題だけは見てみることにはします。