<前の日記(2005-06-16) 次の日記(2005-06-19)> 最新

おおいわのこめんと (2005-06-17)


2005-06-17

[Music] バトンが回ってきたぞ

なんか変なトラックバック(トラックバック先をつけ変えました)が来たぞ……。ってまぁ 彼の日記を読んだ時点で予想してましたが。

というわけで、次へ回すのは難問なので、その他の4つだけサクッと書いてしまいますか。

コンピュータに入ってる音楽ファイルの総容量

古きよき du さんによりますと、

[yutaka@bluereef] (3) ~>du -s data/mp3
5837056 data/mp3

だそうでございます。単位はキロバイトね。

自作 Perl スクリプトで重複とかを除きつつメンテナンスしている全曲プレイリストを xmms さんに読み込ませますと、 1098曲、79時間24分25秒だそうで……。 アーティスト別の内訳リストはこちら

ちょうど今聞いている曲

現時点で最後に聞いた曲は Peter, Paul & Mary の If I Had a Hammer だった 気がします。今日朝出勤途中に聞こうと思ったら MP3 プレーヤの電池が切れたの(;_;。

その後は、同じく PPM の San Francisco Bay Blues を口ずさんで帰ってきまして、 食後、職場で支給された PHS の着信音が全員一緒で区別が付かないので、 なんか作曲して自分専用チャイムを作ろうかと思って久々に電子ピアノを掻き鳴らすうち、 弾く曲がそのうち 自作 → 平井堅「瞳をとじて」 → 加山雄三「旅人よ」 → 「母よ」→「別れの歌」 と どんどん古くなってきて、最後に「走れドンキー」に達したところで我にかえって、 更新チェックしたらトラックバックが来てた……。

というわけで、これも何かの縁だと思って加山雄三「走れドンキー」ということにしておきます。

ちなみに加山雄三は当然ながら親父の世代の曲で、幼少期に車の中でよくカセットテープで 聞いていた曲なので、なんとなく当時の「あの」カセットに入っていた曲だけをそのときの曲順で 記憶しています。上の4曲の他には「光進丸」「加山雄三通り」とか好きでしたねぇ。

以下次項に続く。

もっとも最近買った CD

というわけで、最近、親2人と僕の3人で3333円ずつ出して、 加山雄三 GOLD 100 加山雄三 GOLD 100 とか買ってしまいました。 100曲集を買って聞いてみて、上に書いた通り自分はごく一部の曲しか知らないんだと 再確認した次第。

で、これを買った後、ビックカメラの清算カウンター脇に、 コンプリート・オブ・栗林誠一郎&Barbier at the BEING studio コンプリート・オブ・栗林誠一郎&Barbier at the BEING studio が600円で処分されていたので、これは自腹購入。というわけで、 これが「最近買ったCD」です。 ZARD「君がいない」の原曲とか、DEEN「永遠をあずけてくれ」のカバーとかが入ってます。 600円出したお目当ては Remember Me のアカペラバージョンだったりするのですが。

よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

うーん、5曲に絞るのか……。

中学から高校の最初辺りまで吹奏楽やっていたので、 いろいろあって人間関係がうまくいかなくなって辞めた後でも、 吹奏楽曲への興味が抜けきらないですね。トラウマに触れかけるので危険なんですけど、 いい曲はやっぱりいい、という方がどうしても勝ってしまいます。

というわけで、挙げていきますか。

Rhapsody in Blue, An American in Paris (Gershwin)

いきなりガーシュウィンです。しかも反則でいきなり2曲1項目(笑)。

そういえば、中学1年で音楽部吹奏楽班に入って、 最初の仕事はたまたまその年出場していた吹奏楽コンクールの演奏でした。 入ったばかりなので本職修行中の Trombone ではなく、 永年人手不足の Percussion Part に駆り出されて Glockenspiel, Xylophone, Vibraphone, Stand Cymbal, Triangles と 忙しく「その他大勢」な打楽器演奏してました。 練習中、1小節全休符の後の曲想が変わる部分の入りの肝心なシンバルを 思いっ切りタイミングミスって、演奏止めてしまったのもいい思い出です。

で、この「Rhapsody in Blue」は、その年の秋の定期演奏会で、 最初に本職の Trb. を演奏したときの曲の1つです。 ちなみに、この時のピアノソロパートの奏者が、 研究室関係のみなさまにはよくご存じの 細谷さんでありました。当時高2。ピアノも結構やっていた自分としては 「あれくらいは弾きたいなぁ」と本気で思ったものですが、 今になっても実現できておりません。しくり。 あと、この手のあたらしげの曲ではトロンボーンパートは結構美味しいんですが、 RiB では特に1個所、ミュートの開閉効果を伴った3小節くらいのソロがあって、 当然そこを「吹いて」いたのは細谷さんと同期のパート長の先輩でしたが、 隣の席でミュートをラッパの前にかざして、「ぱ〜うゎ、ゎ、ぱ〜うゎ、わっわっ、 ぱぅゎゎ、わ、わ、うゎゎ〜〜〜〜ん……」と音色替えてたのが、 僕の仕事でした(笑)。

で、「巴里の亜米利加人」は、RiB の CD を買ったときの2曲目なんですが、 最近は RiB を越えるくらいこっちがお気に入りですね。あーいう愉快そうな曲を 作ってみたいねぇ。

The Planets (Holst)

で、次は惑星です。吹奏楽アレンジを Trb で演奏したときは火星でした。 いきなり低音バリバリで非常にオイシイのですが、 入ったばかりの僕は入門レベルの安い楽器を使っていたので、 最初の H*1 の音が手が届かなくて大変でした(笑)。 中級以上の楽器では大抵背中の後ろの部分についているF管バルブがないと、 伸長管が抜けるギリギリのところまで伸ばさないといけないんですよ。 小柄だった私にはとうてい無理です(笑)。もっとも、プロでも結構 届かない人はいて、紐を括っておいて放り投げるとかやってるとか……。本当かいな。

で、まぁこの曲はなんといっても木星が有名ですが、私はひねくれものなので、 火星、金星、水星、海王星とかいいですねぇ。 ほとんどの曲を MP3 で聞くようになって、CD をほとんど使わなくなったので、 今はCDプレーヤはもっぱら惑星専用です。

そういえば、先日の某楽団の演奏会で「スターウォーズのテーマ」(?) を初めて聞いたのですが、 あれって壮大にホルスト惑星のオマージュですね。 ホルストを全曲通して聞いたことがある人が聞くと、 あからさまにわかるように作っているとしか思えませんでした。 聞きながら笑いをこらえてました。あれは面白かった。

その他吹奏楽曲

吹奏楽曲を挙げていると、他の曲が挙げられなくなってしまうので、 さらにインデントレベルを下げて列挙しちゃいましょう。 作曲者名なんて覚えてないので、Nifty などで拾った MIDI のタイトル表記をそのまま使ってますので、 間違いがあるかも。

大草原の詩 (Rex Mitchell)
最初のコンクールの時の自由曲。Vibraphone が結構オイシかったかな。 この曲想好きなんですよ。
アルヴァマー序曲 (J.Barnes)
いかにも吹奏楽、って感じの曲想がたまらない。
中央アジアの草原にて (ボロディン)
曲タイトルとマッチする壮大な開放感がイイ!

こういう曲を聴いていると、なんか自分でも作ってみたくなりますねぇ。 はっきりいって才能ないけど。

「Wave Rush」「Best Day of Your Life」 (春畑道哉)

で、大学入ってから最近はインスト系にはまり始めてるんですよ。 春畑道哉は TUBE のギタリストで、TUBE の全作曲の他に Jリーグの「J's Theme」をはじめとしていろいろと楽曲提供もしてるんですが、 そんな春畑のソロアルバムから。Wave Rush はアルバム「Real Time」より、 春畑サウンドが完成された時期の名曲だと思います。 Best Day of Your Life は「Color of Life」より。TBSの世界陸上のテーマ曲だったかな。 Jのテーマの次に聞いて、最初にこのインストの世界にとりつかれたきっかけになった曲で、 携帯電話の着信音楽にアレンジして使ってます。 春畑だと他には

  • 「Epilogue〜Color of Life」「Straight to My Heart」(収録アルバム: Color of Life)
  • 「After Midnight」(Guitar Land)
  • 「Shooting Stars」「Mother Ship」「Crescent」(Moon)
  • 「Red Bird」(Red Bird)

辺りがいいですね……ああ絞り込めない。

「十年先のラブストーリー」「君となら」「Love Song」(TUBE)

げ、もう5項目ですか、TUBE に触れる場所がないじゃないですか……。

というわけで、おおいわとカラオケに行った人はよくご存じだと思いますが、 TUBE の、それも冬のバラードとかが大好きです。 1991年リリースのアルバム「湘南」から、「十年先のラブストーリー」 は、そんな中でもイチオシ。前田亘輝の歌い上げる切ないラブソング、いいですよ。 TUBE ファンクラブとかでも人気1位らしいですね。 「君となら」(納涼) は、結婚を前にした男の決意を歌い上げる名曲。 「Love Song」(Melodies and Memories) は、単純に恋の歌というよりは、 どちらかというと目標に向かう決意表明みたいにも見える詞ですね。

他は、

  • 「愛の詩」(OASIS)
  • 「夏よありがとう」(終わらない夏に)
  • 「サザンクロス」(Soul Surfin' Crew)
  • 「プロポーズ」(シングル / 夏景色)
  • 「女神たちよそっとおやすみ」(浪漫の夏)
  • 「Remember Me」(シングル / Remember Me)

辺りがいいですね。 「愛の詩」とか、自分が精神的に苦しんでいた時期にも何度か助けられました。

ちなみに、春畑とTUBEの曲は、TUBE ホームページ で全部試聴できます。特に春畑とか、曲によっては「おおいわがこんなエレキギターの曲聞いてたのか」 と思うかも知れないですが、一回聴いてみてくださいな。

しかし、書いててやっぱり音楽ってつくづく偉大だと思うんですよ。 人生を変える力をもっているというか、人を支える力をもっているというか。 この想いはとても書ききれないというか、僕の下手な文才では表現しきれないですね。

つぎの5人

うーん、どうしよう……。こういう無限連鎖的なのって、ノリが共有できる人の間ではいいけど、 そうじゃないと迷惑だと思うんで、あまり気が乗らないんですよねぇ……。

[Misc] 不揮発RAMディスク

日本ギガバイト、COMPUTEXで披露した新製品を解説』(PC Watch) を見て、 そういえば昔 (PC-9801VX21 を使っていた頃に) 家に似たような製品があったなぁと思って、 Google で探してみました。 多分これですね。 Cバスの拡張ボードに乗った 4MB の DRAM に、バッテリ内蔵の外部電源を供給することで 電源断・停電時(24h)のバックアップを行い、BIOS でハードディスクに見せかけることで MS-DOS が非常に高速に動くという代物でした。 640kB メモリ搭載のマシンに積むと、512kB〜640kB のメモリ空間への遅くなるという ペナルティーもありましたが、かなり便利で、相当使い込んでました。

基本的には当時となにもかわってないねぇ(笑)。

今座って日記書いている席から半径2m以内にあるので、今度引っ張り出して 写真掲載します :-)。

*1 野暮な解説ですが、この業界では大抵ドイツ音名使うので、 「(固定)ド」の1つ下の「シ」の事を「ハー」と呼びます。 ギターな人には英語音名の B と言った方がいいかな。 ドイツ音名だと B「べー」は B♭の事なんですよねぇ。

本日のツッコミ(全1件) [メッセージを送る]
TUBE大好き>< (2006-03-08 17:38)

死ぬほど好き!!

本日のTrackBacks(全1件) [TrackBack URL: http://www.oiwa.jp/~yutaka/tdiary/trackback.rb/20050617 (note: TrackBacks are moderated: spams will not be shown.) ]

id:intruder さんからまわってきました。一つずつ答えてみましょう。 Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの総容量) 200 MB ぐらいです。意外と少ないな。 Song playing right now (ちょうど今聞いている曲) ここでモダ..


大岩 寛 (おおいわ ゆたか) <yutaka@oiwa.jp.nospam ... remove .nospam> .

Copyright © 2005-2014 Yutaka OIWA. All rights reserved.
Posted comments and trackbacks are copyrighted by their respective posters.

記事の内容について (Disclaimer / Terms and Conditions)