最新

おおいわのこめんと (2007-10)


2007-10-05

[Work] 出張中

今回は東京 → (Frankfurt) → Freiburg → (Frankfurt → New York) → Pittsburgh と学会ハシゴしながら大移動。 この後 San Francisco に移動してもう一仕事してから東京に帰る予定。

さすがにエコノミーで10日間世界一周は長距離フライトの連続でちょっと体にきついなぁ。

4ヶ月も間隔空いてごめんなさい。これからもなかなか更新する暇がなさそうですがよろしく。


2007-10-29

[Work] Fail-Safe C 「研究者向けプレビュー」公開

ええと、既に一部に転載されてるみたいなんですが、1週間くらい前から Fail-Safe C の現状の実装を公開しました。

「研究者向けプレビュー」たる所以は主に標準ライブラリ関数の不足で、そうは 言えども既に200関数以上は用意してあります。今年度末までにはこれが倍くらい になる予定。

近日中に試すためのいくつかの対象プログラムの Makefile 改変版を リポジトリに載せるので、興味があったら試してみてください。 小さなプログラムだったら現状のライブラリそのままで 動くものもあるんじゃないかと思います。

今年度末には正式公開しないといけないので、ここは頑張り所かな。 コンパイラ本体側にももう少し機能を足せるんじゃないかと思ってます。

しかし、家族から「Google News で『産業技術総合研究所』で検索すると ひっかかるんだけどどういうニュース? 大丈夫?」とか言われたときは びっくりしました (^^;。まぁ不祥事の直後だしねぇ (^^;;。

[Misc] MS の特許

で、びっくりしたついでに別の話。

ここで紹介されている US特許 #7168063 に僕の大昔の論文が Refer されているらしいと人に教えてもらってびっくり。 卒論の時の研究なので、だーいぶ昔のアイディアなんだけど、 熱川での初めての国内発表、サンフランシスコでの初めての英語ポスター発表、 初めての英語論文投稿と、今思い出すと感慨深い。

ちなみに、卒論とジャーナル論文が参照されているのだが、 卒論→ポスター発表の間で実装に関してはアイディアが変わっている。 クラス設計の方のアイディアは卒論の時からある。

ジャーナル論文の方は出版元からは今でも入手可能なはずなんだけど、 7年前にサインした著作権委譲条項なんて覚えていないので、 Webに載せていいのかどうか判断がつかない。結構出版社によって個人での Web掲載の条件は異なっているからねぇ。

で、請求項ざっとみると僕の論文と比較してあまり新しくなさそうな 項があるんだけど、これはどうしたものなんだろうか(苦笑)。 特許の中身の全体はまだ検討していないんで、 本当に新しい項もあるんだとはおもうんだけどね。


大岩 寛 (おおいわ ゆたか) <yutaka@oiwa.jp.nospam ... remove .nospam> .

Copyright © 2005-2014 Yutaka OIWA. All rights reserved.
Posted comments and trackbacks are copyrighted by their respective posters.

記事の内容について (Disclaimer / Terms and Conditions)