最新

おおいわのこめんと (2008-08)


2008-08-01

[Work] PPL サマースクール 2008

9月9日のPPLサマースクール08で講演させていただけることになりました。

できるだけ普通のプログラマの方やFail-Safe Cに興味を持っている一般の方から、言語の研究分野の方まで興味を持っていただける内容にしようと思いますので、皆さんよろしくお願いします。

[Misc] 帰国〜

えー、現在ダブリンは朝7:30です。あっという間に一週間が過ぎ、 今日また20時間以上かけて帰国の予定です。ヨーロッパって(特に乗り換え入ると)遠いですよねー。南米とかよりは遥かにマシらしい(まだ行ったことがない)ですけど。

先日の日記の落ち穂拾い。

ヒースローは広すぎて国内線と国際線の乗り換えに延々歩かされて、 最後のターミナル内の徒歩移動だけで15分もかかって乗り遅れるかと思いました。bmi は機内飲料も全部有料なので、乗る前に買い込んでおこうと思ったんですが、買いそびれましたね。 帰りもあの距離歩くと思うとちょっとめんどくさいです。

イギリスとアイルランドは入管が共通化されているため、イギリスで入国審査があって、かなり根掘り葉掘り聞かれたのに、ダブリン空港でももう一回入国審査があったのがちょっと意外でした。 同じように共通化されている大陸側のシェンゲン協定国間では、一旦入ったら全く検査ないんですけどね。

ホテルは、きれいでいい感じでしたが、だだっ広い上に周りに何もないのが不便ですね。レストラン、1EUR = 130JPY くらいならまぁ適正価格と思えるくらいの値段でしたが...。ああ、現金が飛んでゆく...。

ビールは、結局ギネスは何杯か飲みました。他の種類も飲みたかったなぁ。料理は昨日行ったレストランのアイルランド料理が結構美味しかった。

さて、帰るぞー。


2008-08-18

[Misc] お疲れの2週間

ダブリンから戻って以来、停電復帰トラブル→肩こり→胃痛→ものもらい と、 「弱り目にタタリ目」って感じの2週間があっという間に過ぎてしまいました。

停電は、今年も2年連続で復旧でトラブりました。

今年はVLANスイッチのバグらしきものに当たってしまい、電源投入後に パケットが全く転送されない状態に陥りました。 困ったことに保存しておいた設定ファイルを流し込んでも復帰せず、 仕方なく紙に書いてあるVLANの設定を全部手動で (使い辛いWebインタフェース経由で)入力し直すはめになりました。 症状をプログラマの目から見ると、どうも設定を不揮発メモリに バイナリで保存する部分にバグがあるような気がするんですが、 どうなんでしょうねぇ。

他にもマシン1台手動 fsck するはめになったとか諸々合わせて 復帰に4時間もかかってしまいました orz。 月曜朝の出勤と日曜の休日出勤を天秤にかけて、結局日曜に作業したわけですが、 結果的に大正解でしたね。 月曜午前中、研究センターのネットワークが4時間も全部止まっていたら大騒ぎでした。

しかし、本当に年1回の停電は毎年のように何らかのトラブルが起きますね。 とりあえず停電後は機器の電源スイッチ入れるだけで復旧してくれないと、他人に 復帰作業を任せられないので、毎年休日出勤するはめになるんですよねぇ。困ったもんだ。

あと、やっと今回全マシンを Debian 4.0 (etch) にして、手動セキュリティパッチ当てと 決別したわけですが、なんかもう 4.1 (lenny) の噂がでてますねぇ……。 一部のマシンはセキュリティ修正以外では sarge + backports で困っていなかったんで、 正直もう少し長く旧リリースのメンテナンスをしてくれると助かるんですけどね。 まぁフリーソフトに過大な後向きの(=手間だけのかかる)要求はできない (自分がされても困る)ので、そこは割り切ってますが。

その後の体調不良はまぁ自分の管理の問題ではあるんですが、 ダブリンが涼しくて気持ち良かった分だけ、帰った週の暑さが堪えました。 正直帰った日の駅構内歩くだけで死ぬかと思ったもんなぁ。 やっと復調してきた気がしますが、その分仕事溜りまくりですねぇ。

ま、そんなわけで、もうすぐ Fail-Safe C 1.0.1 をリリースするとか、 仕事を片っ端から片付けていきたいと思います。


2008-08-28

[Work] Fail-Safe C 1.0.1 リリース

4カ月ぶりですが、Fail-Safe C の更新版をリリースしました。

今回は主にライブラリのバグ修正です。テストケースの失敗とコンパイラの警告を丹念に潰しているうちに いくつかバグが見つかったので、それらを直しました。詳しくは↑のページにある開発版の更新記録を参照して下さい。

あと、今回から etch の他に lenny と sid と Knoppix-JP :-) でコンパイルを試しています。 Sid の新しい gcc だと多少コンパイラの警告が残っています (etch ではでない) が、そのうち直します。

ついでに Debian の私製 (local) パッケージを(主に自分の便利のために)作れるようにしました。 正直いうと、結構作業は楽しかった(笑)。Subversion で最新版を追いかけている人には便利かなぁ、と思います。

一方で、ちゃんとした Debian パッケージを作って下さっている方がメーリングリストにいらっしゃるので、 非常に感謝しています。今回の私製パッケージ周りでも幾つかの問題点の指摘と疑問点に対する解決のヒントを いただきました。ありがとうございます。

mmap は残念ながら次回に持ち越しです。Bohem GC 周りはもうちょっと調査が必要そうです。 次のリリースでは新機能が足せるといいなぁ。


大岩 寛 (おおいわ ゆたか) <yutaka@oiwa.jp.nospam ... remove .nospam> .

Copyright © 2005-2014 Yutaka OIWA. All rights reserved.
Posted comments and trackbacks are copyrighted by their respective posters.

記事の内容について (Disclaimer / Terms and Conditions)