最新

おおいわのこめんと (2011-03)


2011-03-13

[Misc] とりあえず札幌から戻ってきた

一応 Twitter の方にはもう書き込みしてたのだが、生存アナウンスを兼ねてこちらにも。 11日には帰れませんでしたが、12日の昼過ぎに無事に帰京しています。昨晩夜までに うちのプロジェクトで同行した他3名も無事に自宅に戻ったことも確認できています。

PPL 2011 が終ってバスで新千歳空港に移動し、昼飯をレストランで取りながらさて1本早い帰京便に しようかな、と思っているところで地震が襲来。1分か2分くらい「めまいかな?」と思うような 小さなゆっくりとした揺れが感じられていたところに、大きな横揺れが来てびっくりしました。 急いでラーメンを平らげてチェックインしたのですが、 「羽田と千歳の滑走路検査中」→「千歳はOK」→「羽田は難しいかも」 とアナウンスが変わり、欠航がほぼ確定となったところで検査場を逆流してロビーへ。

すでにカウンターは長蛇の列だったので、その場で携帯から翌朝の便を新規予約で押さえ、 あとはうちの研究グループの人達も探さないとな、と思っても全く電話は通じず。 どうしようかな、と思っているうちに何人か同じ PPL に参加していた知り合いを見つけたので、 飛行機を押さえてあげたり宿を押さえてもらったりしているうちに、グループの3人のうち2人を発見。 結局5〜6人の飛行機を手配したのですが、どんどん満席になっていくので自分の8:30から最終的には 午後3時とかの便までばらばらに。まぁこれは仕方が無い。

最終的にクラスタは16人規模まで拡大して、そのうち13人で何とか押さえられた札幌市内のホテルに移動し、 食事をして一泊することに。家族との連絡も大変だったのですが、なんとか25時ころに全員確認。

翌朝は5時半に起きて、6時40分台の札幌発快速エアポートで新千歳へ。昨日の予約を欠航便の振替に 変更してもらうのはオンラインや自動機械ではできず、有人カウンターに行かないといけないので、 しかたがなく長い列に並ぶ。幸いANAには毎年クレジット会費を貢いで(笑)優先権を確保しているので、 自分のカードで同行者4人分まとめて手続きをやってもらい、30〜40分くらいで手続きを終了。 残念ながら1便あとになった1人を同行者扱いでラウンジに残し、 ほぼ満席の飛行機の一番後ろに3人分の席を確保して何とか羽田に戻る。

交通もまだ山手線が外回り運転見合わせしていたり、大混乱を覚悟していたのだが、 モノレールは拍子抜けするくらいガラガラ。浜松町で大門への乗り換えにまた長い列ができていたのだが、 単なる階段のキャパ不足で他の階段はがらがらに見えたので、ホームのある大門駅方まで歩いていってみると、 大江戸線もガラガラ。そんなこんなで家にたどり着きました。

自室もいろいろものが落ちましたがまぁなんとか無事の範囲。家の中もいろいろ物が落ちたり、 落ちた物でドアが開かなくなった部屋があって結局ドアを破壊したりしましたが、 なんとか来週は最低限の普通の生活はできそうなくらい。 ただ、正直ほとんどの人が外出していたのは僥倖と言わざるを得ないくらい、いろいろな物が落ちたり 動いたりしていました。下手すると命に関わってもおかしくないくらいでした。ほんとうによかった。

一方で、つくばの職場の方は、最初の地震ではネットワークが動いていたものの、 その後被害が大きいことがわかり、今は全館停電でネットワークも落ちています。 月曜日に復旧に行くのですが、我々の3階の居室でもいろいろ被害があるようで、 交通状況も非常に悪く、正直先が読めていない状況です。 RCIS の全ての情報サーバの立ち上げの日程は、月曜日の状況を見ての判断になるかと思いますので、 ご不便をおかけしますが御理解下さい。

あとは、東北大の人達の関係者の皆さんが心配です。なんとか人的被害が無いといいのですが……。 (追記: 小林先生、住井さん、寺内さん、松田さんは、住井さんの Tweet で安全が確認できています。)


大岩 寛 (おおいわ ゆたか) <yutaka@oiwa.jp.nospam ... remove .nospam> .

Copyright © 2005-2014 Yutaka OIWA. All rights reserved.
Posted comments and trackbacks are copyrighted by their respective posters.

記事の内容について (Disclaimer / Terms and Conditions)